リアルキャットのポリシー

リアルキャットはベンガル専門のブリーダーです。

リアルキャットはホビーブリーダーではありません。まだ日本では数少ないワーキングブリーダーです。つまり、趣味でベンガルをブリードをしているのではなく、仕事として、事業としてベンガルだけを専門にブリード(繁殖)しております。

リアルキャットは動物取扱業の登録をしております。

動物取扱業を営む者(ペットショップ、ブリ-ダ-等)は事務所、業種ごとに都道府県知事または政令市長への登録申請を行わなければなりません。登録せずに営業などを行うと、30万円以下の罰金に処せられます。リアルキャットは各店舗ごと千葉県、大阪府、福岡県に登録済みです。子猫などを購入する時はこれらの登録が表記されているかを確認されてご購入を検討されて下さい。

リアルキャットではお渡しする子猫の生涯サポートを行っております。

仕事として、事業としてブリーダー業を営んでおりますので、子猫の健康に関するお問い合わせなどは、1年365日24時間お受けしています。簡単に言っていますが、こんなことをしている人間は、獣医の中にもいないと思います。
 

そのアドバイスやサポートは、お電話での対応が主になりますが、私は今まで2,300匹以上の子猫をお客様にお渡ししており、私自身が育て上げた猫は300匹を超えます。そして、多い時では100匹以上いるリアルキャットの猫の健康管理を毎日しています。なので、獣医に言うと怒られるのですが、室内飼いの猫、特にベンガルの症例の知識などは、間違いなく私の方があります。
 

また、ベンガルを外に出す飼い主様はまずいません。なので、多くの感染症が最初から可能性として除外され、そして、その残った可能性の中から確定診断を出すのは比較的簡単です。また、私はベンガルという猫の特異性は誰よりも熟知しており、私自身が今までに経験した臨床数は、世間一般の獣医よりもはるかに多いです。ですから、私は飼い主様に、「子猫の様子がおかしかったら、病院に直行する前に、一度私の携帯に電話を下さい」と言います。

 

なぜなら、子猫の様子がおかしい時に皆様が一番迷われるのは、「病院に行くべきか、それとも様子を見るべきか」です。それが、私に電話する事ですぐに解決します。また、病院で受けた治療や頂いたお薬を私に報告する事で、その獣医のスキルも確認出来ます。つまり、これから我が子を託すのにふさわしい獣医なのか、そうではないのか、の判断も出来るという訳です。
 

ちなみに、他のブリーダーに電話をすると、「私(他のブリーダー)に電話する暇があったら、すぐに病院に行って、獣医の診断を受けて下さい」と言われます。この違いがお解り頂ける方は、安心されてリアルキャットで子猫を購入されて下さい。

リアルキャットでは子猫をお譲りする際の条件の押し付けは一切ありません。

「繁殖は禁止」とか、「必ず避妊や去勢して下さい」等の誓約書を書かせたり、「養子縁組を結んで下さい」等の条件の押し付けは一切ありません。また、月一回の近況報告も押し付けたりは致しません。子猫を一生愛して下されば、私共はそれだけで幸せです。

リアルキャットで生まれた子猫は、生後2~3ヶ月程でお渡し致します。

実は子猫の毛色や骨格、瞳の色が安定し始めるのは生後100日頃からです。
 

そして、生後120日ともなると、どういうベンガルに成長するのか確実に予想が出来るようになります。なので、多くのベンガルブリーダーはこの時期に子猫のお譲りを開始します。表向きの理由は「子猫の社会性をしっかりと確立させるため」ですが、真意は他にあります。それは「子猫の選り分けをするため」です。
 

ほとんどのベンガルブリーダーは子猫をキャットショーに出すために、ベンガルをブリードしています。ですから、子猫がキャットショーに出せるかどうかを見極められる時期まで待つのです。これは別に非難するつもりはありません。ただ、私達とは考え方が違うので明確に一線を引いています。リアルキャットはワーキングブリーダーであって、ショーブリーダーではありません。
 

なので、子猫とお客(飼い主)様の事を第一に考え、子猫のベストのお渡し時期を逃しません。
これは、子猫が新しいお家に馴染めるか、馴染めなくなるか、お客(飼い主)様にとって非常に大きな問題となりますので、特にこだわっています^^

均一価格からの変更について

私は、人間にとって都合の良い形質や性質だけで、その子の値段が変わるのは本当は嫌いです。なぜなら、生まれてきた子猫達は、どの子もみんな同じように可愛いからです。
 

なので、10年前は、リアルキャットで生まれた子猫はみんな同じ均一価格でした。ですが、本格的に事業としてブリーダーを営んでいると、父猫と母猫の数が増え、生まれて来る子猫の毛色や体格の差が極端に目立つようになりました。
 

そして、だんだんと「子猫の価格がみんな同じ」という事に、逆に違和感を感じるようになったのです。また、ベンガルがこれほどメジャーになった今、お客様も「どの子猫も同じ値段」という方が不自然に感じられると思います。
 

そして、ベンガルブリーダーとしてクォリティの高いベンガルを繁殖して行く事が、お客様に一番喜ばれる事だと理解し、販売システムの変更へと至っております。なので、本当に子猫のお値段は様々です。ですが、「子猫の価値はお客様が判断すべきこと」との認識は、創業以来少しも変わっておりません。


私達の考え方がお客様の価値観に合えば、これまで同様、お客様の方からお問い合わせを頂けます。そして、これが子猫と私達にとって最も幸せなことなのです。

リアルキャットでは近親交配は行いません。

近親交配を行うと、生まれてくる子猫に先天的な遺伝子の異常が現れることがあります。血統的に良い遺伝子(人間にとって)を残したり、新しい種を創作する時に遺伝子を安定させるために採られる手段です。
 

どうするかというと、兄弟や親子を掛け合わせるのです。
 

そうすれば、素晴らしく綺麗な子が生まれてくる可能性が高くなりますが、それを行うと四肢に異常が出たり、目が見えない、耳が聞こえないといった子猫が生まれてくる可能性も高くなります。また、遺伝子の異常は必ず現れるわけではありませんので、平気な顔で近親交配を行う輩はたくさんいます。また、こういう輩は、直接子犬や子猫をお客様に渡さず、ペット市場に子犬や子猫を出品します。そして、ペット市場に集められた子犬や子猫をペットショップなどが購入して、お店に陳列するのです。
 

なので、ペットショップで子犬や子猫を購入すると、先天的な異常が後々判明するといった事も少なくありません。ですから、この頃のペットショップは、ペット市場から子犬や子猫を購入する事はせずに、ブリーダーから購入することが多くなりました。
 

ですが、ペットショップは『育てる』のが仕事ではなく、『売る』のが仕事ですので、知識や経験は圧倒的に少なく、サポートも十分ではありません。また、ショップ側に回避出来ないようなトラブルが起きれば、「うちで生まれた子猫ではありませんから…」と、最終兵器を出されます。

 

一方、ブリーダーは、知識や経験は豊富で、サポートも十分にあります。また、予想し得る全てのリスクに対して、責任を負うのが普通です。ですから、近親交配を行わないのは当たり前ですし、子猫の異常が外見から判る場合は、その子猫をお客様にお渡しする事はありません。
 

では、先天的な異常が外見上、見当たらない場合(先天性の内臓疾患など)はどうなるでしょうか?もし、仮にあなたがペットショップやブリーダーから、そういう子猫を購入したとします。子猫の健康はあなたが子猫を購入した時から、すべてあなたが負う事になりますので、子猫が病気になった場合、それが先天的なものであろうが、なかろうが、普通はどうする事も出来ません。
 

また、子猫を売ったブリーダーやペットショップとは事前に、「保障は一切致しません」との契約書にサインをしていますので、よほどのケースで無い限り、保障は認められず、また謝罪の言葉の一つもないと思います。これは子猫はもちろん、子猫を購入したあなたも不幸になるケ-スです。しかし、たった二つの事を心掛ける事で、これらの不幸な事例を回避する事が出来ます。

一つは、私達ブリーダーが行うことです。
それは、近親交配を行わないという事です。
 

非常に簡単ですし、先に述べた事を理解して、生まれて来る子猫のことを第一に考えるなら、至極当たり前のことです。


そして、二つ目はあなたがすべきことです。
それは、ショップやブリーダーをあなた自身の目でしっかりと見極めるという事です。
 

まず、ホームページなどをご覧になられて、ショップやブリーダーの責任者、住所、電話番号、動物取扱業の登録証などがしっかり表記とされているかご確認下さい。お客様とのトラブルが多発しているブリーダーなどは、住所を特定出来ないように○○市としか表記していない場合が多いです。また、ここの猫は綺麗だからとか、親猫がキャットショーで賞を取っているからとか安易な理由で子猫を選ぶのも危険です。
 

なぜなら、ショーブリーダーで、お客様の方を向いている人間は少ないからです。そして、彼らの最優先事項は、自分の猫がキャットショーで優秀な成績を収める事だからです。
 
皆様忘れがちなのですが、子猫を産ませている(ブリ-ドしている)のは、人間です。自然界とは違い、猫同士が互いに惹かれあって、子猫が生まれて来る訳ではないのです。
 

もちろん、私達もブリーダーとして、親猫を選択し、交配させて、子猫を産ませています。
だからこそ、私達ブリーダーは信念と責任を持つ必要があると考えています。
 
子猫の購入を検討されているのであれば、生まれて来る子猫の事をまず第一に考え、そして次に、子猫を育てるあなたのことを考えてくれるショップやブリーダーなのか、しっかりご確認下さい。
 

そして、猫だけに捉われず、猫を扱っている人間を見極めて、子猫のご購入を検討されて下さい。不幸な事例を出さない為にも、ご協力をお願い致します。

リアルキャットでは私、阿南(あなみ)が持っている知識と情報を総動員し、毎日全力でお客様のサポ-トをしております。

 

例えば、子猫をご購入されたお客様には、私のラインアドレスもお伝え出来ますので、いつでもお気軽に連絡が取れます。

 

携帯電話も私が起きていたら(笑)いつでも繋がります^^
また、日本広しといえども、ベンガルのブリードのみで株式会社を経営しているのは私だけです☆
ですから、子猫をご購入後はいつでも、どんな事でも、お気軽にお問い合わせ下さい。皆様のご要望&ご質問に、迅速&丁寧にお答え致します^^